忍者ブログ
一戸建てやマンションなど、不動産に関する情報を配信します。新築や中古などの不動産購入に役立つ情報です。
[250] [249] [248] [247] [246] [245] [244] [243] [242] [241] [240]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 天井がたわみ、多数の亀裂が入るなどの欠陥が見つかった三
重県桑名市明正町の「サンマンションアトレ益生駅西」につい
て、分譲した三交不動産(津市)は五日、住民説明会を開き、
調査結果を報告した。設計と施工の複合的な要因で亀裂などの
問題が生じ、補修に一年ほどかかるとして、退去者を含む全五
十九戸に、購入価格と同額での買い取りに加え、転居費や迷惑
料を含む解決金として購入額の20%を支払うと提案した。

 五十九戸のうち二十四戸が退去しており、九戸がさらに退去
を予定。説明会は、所有権がある世帯とない世帯を分けて桑名
市内のホテルであった。三交不動産の柳生利勝社長が「商品と
して品質が確保されていない」と述べて陳謝した。

 同社が依頼した日本建築構造技術者協会中部支部の調査では
、耐震構造などに問題はないが、補強鋼線の配置の偏りや施工
不備の要因が重なり、床(天井)がたわんだとみられる。亀裂
は、たわみや施工が不十分だったことによるという。

 説明会には、設計した白井設計(名古屋市)の近藤英夫社長
と鴻池組名古屋支店の佐々木丈一支店長も同席。それぞれ監理
や施工管理に問題があったとして謝った。

 三交不動産は年末までに、補修方法を検討、来年四月に補修
に着工するとして現在の居住者に三月末までの移転を要望。す
でに購入額の90%で同社に売却した世帯には差額を追加して
支払う。

 マンションについて、同社は補修後に再度分譲販売する方針


 住民からは「家族の事情もあり転居は難しい。補修期間中も
ここに住みたい」という声が出ているほか、「欠陥の原因がは
っきりしていないのに本当に補修できるのか」などの疑問が出
ている。
(中日新聞)



--------------------------------------
Easy + Joy + Powerful = Yahoo! Bookmarks x Toolbar
http://pr.mail.yahoo.co.jp/toolbar/

PR


忍者ブログ [PR]
フリーエリア
ブログ内検索