忍者ブログ
一戸建てやマンションなど、不動産に関する情報を配信します。新築や中古などの不動産購入に役立つ情報です。
[283] [282] [281] [280] [279] [278] [277] [276] [275] [274] [273]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

7月7日、中国国内メディアの報道によれば、2008年上半期、上海不動産市場において、外資企業による不動産取引額はおよそ97億元(約1兆4453億円)に及んだことが分かった。

  2008年1月、英国不動産企業、グロブナー(Grosvenor)社は上海長寧区の物件を12億元(約178億8000万円)で購入している。また、 2月に韓国大手金融グループ、ミラエ・アセット(MIRAE ASSET)不動産は上海市中心区の物件購入に9億6300万元(約143億4870万円)を投資している。

  香港の亜太置地会社も上海市内の不動産物件を購入した。取引価格は44億3800万元(約661億2620万円)に及んだ。

  ブラックストーングループは(Blackstone Group)上海オフィスビル購入に11億元(約163億9000万円)投資したという。  業界アナリストは「2008年上半期、外資企業による物件購入、売却取引成約件数は増加している」とコメント。(IBタイムズ)

中国国内では、外国企業による不動産取引がとても活発に行われているようです。 中国はオリンピックも控え、これからますます伸びていくことでしょう。外資も投資先として大きく注目していますね。
 化粧品会社 求人 ホームヘルパー 資格取得
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
フリーエリア
ブログ内検索